極秘情報の入ったラップトップをFBIが紛失 | ScanNetSecurity
2021.09.27(月)

極秘情報の入ったラップトップをFBIが紛失

米国司法省の調べで、FBIが160台に上るラップトップ・コンピュータを紛失していたことがわかった。そのうち10台には極秘情報が入っていた。これは、2002年2月1日から2005年9月30日までの期間に対する調査に基づく。調査結果を発表したのは、司法省のグレン・ファイン検察

国際 海外情報
米国司法省の調べで、FBIが160台に上るラップトップ・コンピュータを紛失していたことがわかった。そのうち10台には極秘情報が入っていた。これは、2002年2月1日から2005年9月30日までの期間に対する調査に基づく。調査結果を発表したのは、司法省のグレン・ファイン検察官が率いるチームだ。FBIのスタッフは、銃火器などもほぼ同数を紛失、もしくは盗難に遭ったとしている。

FBIでは2万台を超えるラップトップを保有しており、前回の監査では、同じく4年間に300台のラップトップなどを盗難・紛失していることから、状況は改善していると言えなくもない。

10台に入っていた情報だが、FBIのスタッフに関する個人情報が1台に、他には対諜報活動やテロリズム対策の重要な情報が入っていた。さらに問題は、残りの150台のうち、51台に入っていた情報がはっきりしていないというものだ。また、51台のうち7台は、諜報活動やテロリズム対策を扱う部署が所有していた。

ラップトップに重要情報が入っているかどうかだが、前回の調査時でも大きな問題になっており、極秘情報が入っているかどうかを管理できるよう、状況改善を求められていた。その結果…

【執筆:バンクーバー新報 西川桂子】

──
(この記事には続きがあります。続きはScan本誌をご覧ください)
http://www.ns-research.jp/cgi-bin/ct/p.cgi?m-sc_netsec
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×