Office製品に関連した脆弱性と脅威の動向を公開(ラック) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.18(月)

Office製品に関連した脆弱性と脅威の動向を公開(ラック)

製品・サービス・業界動向 業界動向

株式会社ラックは2月13日、「マイクロソフト社オフィス製品に関連した脆弱性と脅威の動向」を公開した。本レポートは、同社の脆弱性データベース「SNSDB」およびCVEをもとに、2006年までの脆弱性情報を調査、近年における脆弱性と脅威の傾向を調査した結果をまとめたもの。

調査結果では、マイクロソフトOffice製品の「重大レベル」での脆弱性は、2005年の6件に対し2006年は24件と4倍になっていることが判明した。特に、修正プログラムが公開される前に攻撃が行われたり、攻撃手法が確立された「ゼロデイ」の件数が2005年の0件に対し2006年は8件と急増している。同社では、この背景に個人情報を狙った組織的な動きがあると推測している。また、攻撃の傾向は「3S(Shifty:狡猾、Stealth:見えない、Snipe:標的)」となってきているとしている。

http://www.lac.co.jp/business/sns/intelligence/report/20070213_cslreport.pdf
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×