Office製品に関連した脆弱性と脅威の動向を公開(ラック) | ScanNetSecurity
2021.09.29(水)

Office製品に関連した脆弱性と脅威の動向を公開(ラック)

株式会社ラックは2月13日、「マイクロソフト社オフィス製品に関連した脆弱性と脅威の動向」を公開した。本レポートは、同社の脆弱性データベース「SNSDB」およびCVEをもとに、2006年までの脆弱性情報を調査、近年における脆弱性と脅威の傾向を調査した結果をまとめたもの

製品・サービス・業界動向 業界動向
株式会社ラックは2月13日、「マイクロソフト社オフィス製品に関連した脆弱性と脅威の動向」を公開した。本レポートは、同社の脆弱性データベース「SNSDB」およびCVEをもとに、2006年までの脆弱性情報を調査、近年における脆弱性と脅威の傾向を調査した結果をまとめたもの。

調査結果では、マイクロソフトOffice製品の「重大レベル」での脆弱性は、2005年の6件に対し2006年は24件と4倍になっていることが判明した。特に、修正プログラムが公開される前に攻撃が行われたり、攻撃手法が確立された「ゼロデイ」の件数が2005年の0件に対し2006年は8件と急増している。同社では、この背景に個人情報を狙った組織的な動きがあると推測している。また、攻撃の傾向は「3S(Shifty:狡猾、Stealth:見えない、Snipe:標的)」となってきているとしている。

http://www.lac.co.jp/business/sns/intelligence/report/20070213_cslreport.pdf
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×