ファイルの拡散を防止するサービスを提供開始(ネットエージェント) | ScanNetSecurity
2021.09.20(月)

ファイルの拡散を防止するサービスを提供開始(ネットエージェント)

ネットエージェント株式会社は2月13日、自社開発の「Winnyファイル拡散防止システム」を利用し、Winnyネットワーク上に漏洩したファイルの拡散を防止する「Winnyファイル拡散防止サービス」を開始する。同システムは、漏洩ファイルのデータが記載されている駆除ファイル

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
ネットエージェント株式会社は2月13日、自社開発の「Winnyファイル拡散防止システム」を利用し、Winnyネットワーク上に漏洩したファイルの拡散を防止する「Winnyファイル拡散防止サービス」を開始する。同システムは、漏洩ファイルのデータが記載されている駆除ファイルキー情報を、専用システムから大量に拡散し、もと(本物)のキー情報を次々と上書きすることで、当該ファイルのダウンロードを困難にさせる技術。

およそ3時間後には、もとのファイルキー情報はWinnyネットワーク上のほとんどの場所から消える。なお同社は2月13日〜17日まで、Winnyファイル拡散防止サービスの公開実験を実施する。予め用意したファイルをWinnyネットワーク上に流し、そのファイルに対して拡散防止システムを稼動させるという。

http://www.onepointwall.jp/press/20070213.txt
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×