長崎大学の教職員専用サイトが閲覧可能に、726名分の個人情報流出か | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.24(土)

長崎大学の教職員専用サイトが閲覧可能に、726名分の個人情報流出か

製品・サービス・業界動向 業界動向

長崎大学は2月9日、同大学水産学部の学生や卒業生などの個人情報が流出したと発表した。これは、本来はパスワードなどを入力しないと閲覧できない教職員専用サイトがアクセス可能になっていたというもの。このサイトには、水産学部の学生や卒業生など726名の氏名、学年、卒業の可否、退学者及びその理由など、また教授会の議事録などが掲載されていた。

同サイトのサーバはトラブルで停止しており、2月2日に復旧している。同大学では復旧の際に閲覧制限のシステムを稼働させていなかったことが原因としている。また、閲覧可能な状態であった際には検索エンジンで検索できる状況にあったため、検索対象から外すよう要請したという。


長崎大学
http://www.nagasaki-u.ac.jp/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×