オンライン不正に関する年次消費者調査の結果を発表(RSAセキュリティ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.19(金)

オンライン不正に関する年次消費者調査の結果を発表(RSAセキュリティ)

製品・サービス・業界動向 業界動向

米RSA Securityは1月25日、オンライン詐欺に関する第4回金融機関消費者調査の結果を発表した。この調査は2006年12月、世界8ヶ国1,678名の成人を対象として行われ、オンライン詐欺の脅威と、それに対応する金融機関の認証強化の努力について意見を求めた。

主な意見としては、回答者の69%が、銀行は「ユーザー名とパスワード」に代わる強力な認証を導入するべきだと考えており、91%の口座所有者が、金融機関が新たに強力な認証方法を提供するなら、それを利用したいと答えている。また、同じく52%が詐欺行為を警戒してオンライン・バンキングへの登録や利用に「消極的」、82%がバンキング関連のEメールに「返信したくない」と回答しており、オンライン・チャネルの信頼性が大きくゆらいでいることを示した。

http://www.rsasecurity.com/japan/news/data/20070125.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×