盗聴に強いインターネット音声通信を実現(NEC) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.19(木)

盗聴に強いインターネット音声通信を実現(NEC)

製品・サービス・業界動向 業界動向

東北大学 電気通信研究所の研究グループ(東北大)は1月26日、日本電気株式会社(NEC)と共同で、音声信号秘密分散共有技術とマルチパスルーティング技術とを融合させる研究により、従来とはまったく原理の異なるネットワーク音声秘話化通信を実現したと発表した。

これは、東北大学で開発した秘密分散共有理論に基づくデジタル音声信号秘話化技術と、元来は負荷分散や信頼性向上を目的としてNECが開発したマルチパスルーティング技術とを融合したもの。今回のシステムでは、音声データに対して秘密分散共有を行い、各サブデータをマルチパスルーティングにより別々のルートで転送するため、サブデータを盗聴しただけでは音声は原理的に復元不可能となる。同技術を活用することにより、第3者による盗聴が困難となり、安全性が向上する。

http://www.nec.co.jp/press/ja/0701/2605.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×