特許庁インターネット国際出願対応の電子証明書サービス提供開始(セコムトラストシステムズ) | ScanNetSecurity
2022.01.22(土)

特許庁インターネット国際出願対応の電子証明書サービス提供開始(セコムトラストシステムズ)

セコムトラストシステムズ株式会社は、本年1月4日より特許庁が開始した、インターネット利用による国際出願に対応した電子証明書発行サービスを開始した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
セコムトラストシステムズ株式会社は、本年1月4日より特許庁が開始した、インターネット利用による国際出願に対応した電子証明書発行サービスを開始した。

特許庁では、2004年4月からISDN回線を利用したPCT国際出願(134ケ国/2007年1月現在)の受付サービスを提供しているが、本年1月4日からは、インターネットからも出願できる受付サービスを開始した。

この開始に伴いPCTインターネット出願では、データ量の制限が大幅に改善されたのに加え、近年顕著に増加している英語による国際出願の受付も可能となった。

また、今回、電子証明書の採用により手続者の特定や、通信の暗号化・出願データの改ざん防止といったセキュリティの確保が可能となった。

PCT国際出願は、各国の要請に応じた言語、様式という煩わしさや非効率性を改善するために設けられた国際的な出願制度であり、一つの出願で米国をはじめとする世界の主要国に対して出願した効果を取得することができるため、初期費用の繰り延べや各国毎の手続という煩雑さを避けることができる。

http://www.secomtrust.net/news/2007/ns_gidhodo_20070125.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×