IPアドレス改竄防止が可能な米Infoblox製アプライアンスサーバを販売(日立システム) | ScanNetSecurity
2021.12.06(月)

IPアドレス改竄防止が可能な米Infoblox製アプライアンスサーバを販売(日立システム)

株式会社日立システムアンドサービスは1月22日、米Infoblox社のDNS/DHCPアプライアンスサーバ「Infobloxシリーズ」を1月23日から販売すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社日立システムアンドサービスは1月22日、米Infoblox社のDNS/DHCPアプライアンスサーバ「Infobloxシリーズ」を1月23日から販売すると発表した。

同製品は、DNSサーバとDHCPサーバの機能を1台で動作させることが可能なアプライアンスサーバ。Web用に特化した独自のOSと専用のソフトウェアを搭載しているためセキュリティに強いのが特長で、DNSサーバ機能としては、ドメイン名のIPアドレスを改竄して偽サイトへ誘導するファーミング攻撃の防止や、大量のパケットを送りつけてサーバ機能を麻痺させるDoS攻撃の影響を防ぐことが可能。またDHCPサーバ機能では、MACアドレスを登録することで不正な端末の接続を防止する機能を備えている。

モデルは、小規模拠点向けの「IB-550」中規模拠点向け「IB-1050」大規模拠点向け「IB-1550」データセンター向け「IB-1552」の4タイプ。価格は1,160,000円(IB-550)〜。

http://www.hitachi-system.co.jp/press/2007/pr070122.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×