企業内PCから個人情報を検出するツールのレンタル事業で協業(横河レンタ・リース、KLab) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.16(月)

企業内PCから個人情報を検出するツールのレンタル事業で協業(横河レンタ・リース、KLab)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

横河レンタ・リース株式会社とKLab株式会社は1月22日、企業内個人情報検出ツールのレンタルサービス事業で業務提携すると発表した。この提携により、横河レンタ・リースのレンタルPCに、KLabの個人情報検出ツール「P-Pointer」の管理コンソールをプリインストールして提供する「P-Pointerレンタルサービス」を同日より開始した。

「P-Pointer」は、社内に蓄積された個人情報の把握を目的とした個人情報検出ツール。情報漏洩リスクを根本から低減するために、個人情報の現状把握と従業員のセキュリティ意識向上を同時に実現する。また、日本版SOX法による内部統制、ISMSなどを意識し、個人情報だけでなく情報資産全般の検出機能も搭載している。レンタルサービスは、レンタルPCにバンドルされた「P-Pointer」を必要な期間だけ利用できるというもの。これまで予算不足を理由に個人情報監査を見送っていた企業や、一時利用を希望する企業に適している。

http://www.yrl.com/news/press_ppointer.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×