Secure Shellソリューションの新バージョンをリリース(SSH) | ScanNetSecurity
2021.09.28(火)

Secure Shellソリューションの新バージョンをリリース(SSH)

SSHコミュニケーションズ・セキュリティ株式会社は12月19日、電子証明書および他社製PKIシステムのサポートを追加した「SSH Tectia Server for IBM z/OS」の新バージョン5.3を発表した。本製品は、ネイティブMVS(Multiple Virtual Storage:多重仮想記憶装置)データセ

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
SSHコミュニケーションズ・セキュリティ株式会社は12月19日、電子証明書および他社製PKIシステムのサポートを追加した「SSH Tectia Server for IBM z/OS」の新バージョン5.3を発表した。本製品は、ネイティブMVS(Multiple Virtual Storage:多重仮想記憶装置)データセットおよびクロスプラットフォームにおけるセキュアなファイル転送やTN3270接続を可能にするハードウェア アクセラレータ機能を持ったSecure Shellソリューション。新バージョンでは、証明書サポートを追加したことにより、Windows、Unix、Linuxおよびメインフレームを含む企業用の主要プラットフォーム上で、顧客はユーザ・サーバ証明書の両方を活用できるようになった。

また、マルチレベルの証明書チェーンと複数失効方法を含むSSH Tectiaの証明書検証機能により、X.509v3標準に準拠しているPKI環境とのシームレスな相互運用性が保証されている。Windowsワークステーションからファイル転送をしたりTN3270アプリケーションを使用するメインフレームユーザを認証するために、CAC(Common Access Card)などのトークンやスマートカードによるニ要素認証を使用できる。これにより、記憶に頼るパスワード認証のセキュリティ リスクを回避することが可能になった。ユーザはプライベート鍵を生成しハードウェアに保管することができ、証明書を保管する際にはセキュリティと柔軟性を確保するために、IBMのSAF(System Authorization Facility)を利用できる。

http://www.ssh.com/jp/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×