講談社、女性誌の会員向けメールマガジンに会員の個人情報を誤って添付 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.05.25(金)

講談社、女性誌の会員向けメールマガジンに会員の個人情報を誤って添付

製品・サービス・業界動向 業界動向

株式会社講談社は、同社女性誌「FRaU」の会員組織である「FRaU×adidas ランニングチーム」の会員向けメールマガジン配信に際し、同会員741名の個人情報データが作業ミスにより741名全員に誤って添付されたと発表した。メールマガジンは12月15日23時に送信されたもので、添付ファイルには同会員の住所、氏名、電話番号、メールアドレス、年齢、ウェアサイズ、シューズサイズ、応募動機が含まれていた。

同社では現在、当該会員に対しお詫びならびに添付ファイルデータの削除のお願いをメールで送付している。また、今後会員にはしかるべくお詫びをするとしている。また今後、より徹底した個人情報管理システムを敷き、二度とこのような事態のないよう管理・対応に努めるとしている。

講談社:個人情報漏洩事故に関するお詫び
http://www.kodansha.co.jp/emergency/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×