国防の大きなリスクファクター、海外製ソフト | ScanNetSecurity
2021.09.27(月)

国防の大きなリスクファクター、海外製ソフト

国防総省に対してタスクフォースが、“米国と敵対する相手”が海外で開発したソフトウェアにスパイウェアやウィルスなどの悪質なコード、マルウェアを仕掛ける可能性が増えていることを、来年初めに警告を行う予定だと『COMPUTERWORLD』が報じた。

国際 海外情報
国防総省に対してタスクフォースが、“米国と敵対する相手”が海外で開発したソフトウェアにスパイウェアやウィルスなどの悪質なコード、マルウェアを仕掛ける可能性が増えていることを、来年初めに警告を行う予定だと『COMPUTERWORLD』が報じた。

これは、軍・民間のシンクタンクである国防科学評議委員会が発表する予定の、様々な防護策および探知のための対策を求める報告書においてだ。但し、軍が調達するすべてのソフトウェアに関して、今後、米国製品の使用を勧告するまでには至らないようだ。

プログラマーがトロイの木馬やトラップドアなど、いわゆるマルウェアをソフトウェアのコードの中に埋め込む可能性についての懸念は何も新しいものではない。しかし…

【執筆:バンクーバー新報 西川桂子】

──
(この記事には続きがあります。続きはScan本誌をご覧ください)
http://www.ns-research.jp/cgi-bin/ct/p.cgi?m-sc_netsec
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×