コマンドライン型のLinux、FreeBSD対応ウイルス対策ツールを販売開始(ソフトエイジェンシー) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.04.23(月)

コマンドライン型のLinux、FreeBSD対応ウイルス対策ツールを販売開始(ソフトエイジェンシー)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

株式会社ソフトエイジェンシーは12月1日、ルーマニアのSOFTWIN社製のLinux、FreeBSD対応コマンドラインアンチウイルススキャナ「ビットディフェンダー・アンチウイルススキャナ for Unices」の取り扱いを発表。12月4日より販売開始した。

同製品は、ユーザーが指示したときだけアンチウイルスを実行することが可能な、コマンドライン型のLinux、FreeBSD対応ウイルス対策ソフト。自分自身でコマンドを実行して使用するだけでなく、ファイルマネージャやメールクライアントなどの既存プログラムに組み込んで使用することも可能なため、環境に合わせた自由なウイルス対策を行える。また、マルチユーザー環境にも対応しており、ユーザー毎のポリシー設定が可能。

動作環境は、Linuxカーネル 2.4.xまたは2.6.x、FreeBSD 5以上または5と互換性のあるもの、glibc 2.3.1以上とgcc3.2.2以上で作られたlibstdc++5。価格は30,315円(〜10人)〜。なお、個人利用の場合は無償となっている。

http://www.softagency.co.jp/press2.html#061201
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×