セキュリティベンダと連携しボット感染予防推進事業を実施(IPA) | ScanNetSecurity
2021.08.03(火)

セキュリティベンダと連携しボット感染予防推進事業を実施(IPA)

独立行政法人 情報処理推進機構セキュリティセンター(IPA)は12月1日、経産省の「コンピュータセキュリティ早期警戒体制の整備」事業の一環として、ボット感染予防推進事業を開始すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
独立行政法人 情報処理推進機構セキュリティセンター(IPA)は12月1日、経産省の「コンピュータセキュリティ早期警戒体制の整備」事業の一環として、ボット感染予防推進事業を開始すると発表した。

これは、ボットに感染したコンピュータからのサイバー攻撃等を迅速かつ効果的に停止させるための取組みとして行われるもので、具体的には、再発防止策の一環として、セキュリティベンダに対して、本プロジェクトにて収集したボットを検体として提供し、各社の対策ソフトのパターンファイルに反映させることで、PC利用者のセキュリティ対策の向上を図るとしている。

http://www.ipa.go.jp/security/isg/bot.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×