YouTubeへのアクセス制御機能をNetKeeperユーザーに無償提供(米BroadWeb) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.19(火)

YouTubeへのアクセス制御機能をNetKeeperユーザーに無償提供(米BroadWeb)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

米BroadWeb社は11月24日、企業向けのIPS製品「NetKeeper シリーズ」のユーザーに対し、動画共有サイト「YouTube」へのトラフィックを規制するアクセス制御機能を無償で提供すると発表した。

提供するのは、YouTubeのWebサイトとそのサービス利用の制御を目的とした2つのパターンファイルで、これにより、HTTPプロトコルを経由したYouTubeへのログインのブロッキングと、Macromedia Flash Video(FLV)ストリーミングを利用したオンラインストリーミングのブロッキングが実現可能になる。

動画共有サイトへのアクセスについては、企業ネットワークの帯域幅を著しく消費し生産性の低下を招くほか、著作権に違反しているコンテンツを不正利用する危険性があることからも問題視されている。

http://www.nvc.co.jp/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×