国内セキュリティアプライアンス市場予測を発表(IDCジャパン) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.04.23(月)

国内セキュリティアプライアンス市場予測を発表(IDCジャパン)

製品・サービス・業界動向 業界動向

IDCジャパン株式会社は11月15日、国内セキュリティアプライアンス市場の予測を発表した。発表によると、2005年の脅威管理アプライアンス市場では統合型脅威管理(UTM)アプライアンスの出荷が急増し、出荷台数が53,254台と2005年に比べ2.5倍以上の成長となった。全体に対する出荷台数でも62.6%を占め、市場の牽引役としての位置が定着したとしている。

セキュアコンテンツ管理アプライアンス市場の2005年の出荷台数は2,152台、出荷金額は34.8億円で、2006年に入り急速に市場は拡大しているという。脅威管理アプライアンス市場全体の出荷台数予測として、2005年〜2010年のCAGR(年間平均成長率)は24.3%と非常に高く、2005年の出荷台数85,018台から2010年にはほぼ3倍の252,681台まで増加するとみている。また、2006年以降もUTM製品への集約化が進み、2010年には出荷台数比率が90.3%、出荷金額が472.4億円に達すると予測している。

http://www.idcjapan.co.jp/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×