シマンテックがセキュリティ報告書を発表 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.05.26(土)

シマンテックがセキュリティ報告書を発表

国際 海外情報

ウィルス対策ソフトなどを提供するシマンテックが、25日、2006年上半期のインターネットセキュリティに関する報告書を発表した。

中でも興味深いのは、ハッカーが一般市民のホームコンピュータ、インターネットバンキングなどのオンライン・ファイナンスをターゲットにしているという報告だ。ハッカーの攻撃対象はホームユーザーが1位で、無差別攻撃を除く、ターゲットを定めての攻撃全体のなんと86%を占める。そして、フィッシング攻撃を多数受ける金融機関が続く。

「攻撃者側はエンドユーザーが“セキュリティの鎖”の中で、最も弱いとみなして、絶えず"利益を得るため"に攻撃している」と、シマンテックのアーサー・ウォンは声明で語っている。企業や組織、社会がインターネット犯罪で被害を受ける中、防衛のための努力をしているが、その中で、最も弱いのはエンドユーザーだという…

【執筆:バンクーバー新報 西川桂子】

──
(この記事には続きがあります。続きはScan本誌をご覧ください)
http://www.ns-research.jp/cgi-bin/ct/p.cgi?m-sc_netsec
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×