国内初の次世代脆弱性検査のサービスを開始(インフォリスクマネージ) | ScanNetSecurity
2021.06.21(月)

国内初の次世代脆弱性検査のサービスを開始(インフォリスクマネージ)

インフォリスクマネージ株式会社は9月26日、次世代型の脆弱性検査「SiteScan2.0 EnterpriseEdition」のサービス展開を10月より開始すると発表した。本サービスは、最新の検査項目によってリモートからサーバやネットワーク機器の脆弱性検査を毎日1回実施し、脆弱性レベル

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
インフォリスクマネージ株式会社は9月26日、次世代型の脆弱性検査「SiteScan2.0 EnterpriseEdition」のサービス展開を10月より開始すると発表した。本サービスは、最新の検査項目によってリモートからサーバやネットワーク機器の脆弱性検査を毎日1回実施し、脆弱性レベルやセキュリティホールを把握、その対策および対応状況を専用のWebポータルで一元的に管理できるというもの。

検査パターン(シグネチャ)は、株式会社ラックのコンピュータセキュリティ研究所によって分析、検証されたものを活用するため、日本市場における最適化を実現している。日本市場向けに特化した毎日検査タイプの脆弱性検査としては、国内初の本格的なサービス展開となる。提供開始日は10月1日からで、価格は年間720,000円/3IP。

http://www.inforisk.co.jp/release/pdf/060926.pdf
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×