日本郵政公社金融総本部職員の個人用PCから簡易保険利用者の情報が流出 | ScanNetSecurity
2021.06.23(水)

日本郵政公社金融総本部職員の個人用PCから簡易保険利用者の情報が流出

日本郵政公社は9月15日、保険料払込団体代表者名簿などの個人情報がWinnyネットワークに流出していたことが判明したと発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
日本郵政公社は9月15日、保険料払込団体代表者名簿などの個人情報がWinnyネットワークに流出していたことが判明したと発表した。

このデータは、日本郵政公社金融総本部職員が、鹿児島県串良郵便局に勤務していた当時に作成したもので、保険料払込団体代表者名簿など81名分(団体記号番号、団体名、代表者、住所(一部)、電話番号(一部))および簡易保険の書類の様式類、郵便貯金の書類の様式類、郵便局職員の氏名・携帯電話番号23名分などが含まれていた。個人用PCがWinnyウイルスに感染し、流出したという。


日本郵政公社:Winnyを介した顧客情報等の流出について
http://www.japanpost.jp/pressrelease/japanese/kani/060915j401.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×