日本HPとブレードPCを用いた情報セキュリティサービス事業で協業(セコムトラストシステムズ) | ScanNetSecurity
2021.07.25(日)

日本HPとブレードPCを用いた情報セキュリティサービス事業で協業(セコムトラストシステムズ)

セコムトラストシステムズ株式会社(以下:STS)と、日本ヒューレット・パッカード株式会社(以下:日本HP)は、セキュリティの確保とユーザの利便性向上を両立するソリューションとして、「セコムあんしんクライアント」と日本HPのブレードPCを用いた情報セキュリティサービ

製品・サービス・業界動向 業界動向
セコムトラストシステムズ株式会社(以下:STS)と、日本ヒューレット・パッカード株式会社(以下:日本HP)は、セキュリティの確保とユーザの利便性向上を両立するソリューションとして、「セコムあんしんクライアント」と日本HPのブレードPCを用いた情報セキュリティサービスの拡販で協業する。

今回の協業は、クライアントにデータを残さないことで、根本的な情報漏洩対策となる、STSの「セコムあんしんクライアント」と、日本HPのクライアント統合ソリューションHP CCI(Consolidated Client Infrastructure)を組み合わせることで、STSが従来から提供しているサーバ・ベースド・コンピューティングでは対応できなかった、ユーザごとに個別のクライアント環境を必要とする、開発部門、マーケティング部門などへの柔軟な対応が可能となる。既存のノートPCを社外へ持ち出す際にも「セコムあんしんクライアント」の強固な情報セキュリティサービスの提供が可能となるため、営業部門などでも、既存のノートPCを使用しながら常に高度なセキュリティを確保することができる。

両社は今後、営業活動、マーケティング活動を共同で行い、案件ごとに両社の営業やSEを交えた提案チームを組み、顧客へ共同でアプローチをするほか、検証環境の設置、セミナーなどを通じた啓蒙活動も共同で行う。

報道資料
http://www.secomtrust.net/news/2006/ns_hphodo20060914.html
セコムあんしんクライアント
http://www.secomtrust.net/news/2006/ns_client20060907.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×