富士ゼロックスの協力会社社員が脅迫容疑で逮捕、戸籍情報が流出か | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.21(土)

富士ゼロックスの協力会社社員が脅迫容疑で逮捕、戸籍情報が流出か

製品・サービス・業界動向 業界動向

富士ゼロックスシステムサービス株式会社は9月7日、同社の協力会社社員が脅迫容疑で警視庁に逮捕されたと発表した。これは、8月8日に男性が戸籍情報と覚しきデータを同社に持ち込んだことで、警察に届出を行い、その捜査の過程で逮捕に至ったというもの。同社では、男性が持ち込んだデータが真正なものであるかどうかは確認できていないものの、流出している可能性も否定できないことから対策本部を設置し、戸籍総合システムの業務プロセスにおけるデータ流出可能性のリスク再評価、緊急措置の対応、抜本対策の検討を行っているという。

富士ゼロックスシステムサービス:協力会社社員逮捕について
http://www.fxss.co.jp/info.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×