富士ゼロックスの協力会社社員が脅迫容疑で逮捕、戸籍情報が流出か | ScanNetSecurity
2021.06.23(水)

富士ゼロックスの協力会社社員が脅迫容疑で逮捕、戸籍情報が流出か

富士ゼロックスシステムサービス株式会社は9月7日、同社の協力会社社員が脅迫容疑で警視庁に逮捕されたと発表した。これは、8月8日に男性が戸籍情報と覚しきデータを同社に持ち込んだことで、警察に届出を行い、その捜査の過程で逮捕に至ったというもの。同社では、男性

製品・サービス・業界動向 業界動向
富士ゼロックスシステムサービス株式会社は9月7日、同社の協力会社社員が脅迫容疑で警視庁に逮捕されたと発表した。これは、8月8日に男性が戸籍情報と覚しきデータを同社に持ち込んだことで、警察に届出を行い、その捜査の過程で逮捕に至ったというもの。同社では、男性が持ち込んだデータが真正なものであるかどうかは確認できていないものの、流出している可能性も否定できないことから対策本部を設置し、戸籍総合システムの業務プロセスにおけるデータ流出可能性のリスク再評価、緊急措置の対応、抜本対策の検討を行っているという。

富士ゼロックスシステムサービス:協力会社社員逮捕について
http://www.fxss.co.jp/info.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×