リスク管理ツール「Skybox View」の新バージョンを発表(TDセキュリティ、三菱商事) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.21(土)

リスク管理ツール「Skybox View」の新バージョンを発表(TDセキュリティ、三菱商事)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

三菱商事株式会社および株式会社ティーディー・セキュリティは9月6日、セキュリティリスク管理アプリケーションの新バージョン「Skybox View 3.0」を発表した。本製品は、米Skybox Security社とのアライアンスのもとに販売を促進しているSRM(セキュリティ・リスク・マネージメント)ソリューション製品。ユーザインタフェース、レポート、ユーザマニュアルが完全日本語化されている。

社内ポリシーやあらかじめ用意されたベスト・プラクティスと比較し、ファイアウォールの設定情報を自動的に監査する。数分程度で脆弱性の原因となるルールを発見し、改善策も提供する。また、ネットワークポリシーコンプライアンス検査やIPS機器のビジネス上の価値の正当性の確認、アプリケーションおよびデータベース脆弱性スキャンもサポートしている。潜在するワームの脅威を特定し、シミュレーションおよび分析を行うゼロデイワームアタック・シュミレーションにも対応している。

http://www.tdsecurity.jp/press/release2006/20060906skybox_new.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×