AOL、ユーザーの検索データを不注意で公開 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.23(火)

AOL、ユーザーの検索データを不注意で公開

AOLが、利用者が3ヵ月の間に行ったインターネットサーチの詳細データをhttp://research.aol.comでポスティングしたとして波紋を読んでいる。

国際 海外情報
AOLが、利用者が3ヵ月の間に行ったインターネットサーチの詳細データをhttp://research.aol.comでポスティングしたとして波紋を読んでいる。

発表されたのは、65万人のユーザーおよび2000万件のクエリーから構成されるデータのテキストファイルだった。AOLの研究用サイトでファイルが公開されたが、その後、削除されている。クエリーとは、データベース管理システムに対して問い合わせる検索条件を文字列として表したものだ。

ポスティングされたのは7月末のことで、3月から5月までの3ヵ月間の検索に関するデータが発表された。この、http://research.aol.comは研究者がインターネット上で情報を探す方法を伝えるためのAOLのウェブサイトだった…

【執筆:バンクーバー新報 西川桂子】

──
(この記事には続きがあります。続きはScan本誌をご覧ください)
http://www.ns-research.jp/cgi-bin/ct/p.cgi?m-sc_netsec
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×