AOL、ユーザーの検索データを不注意で公開 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.20(火)

AOL、ユーザーの検索データを不注意で公開

国際 海外情報

AOLが、利用者が3ヵ月の間に行ったインターネットサーチの詳細データをhttp://research.aol.comでポスティングしたとして波紋を読んでいる。

発表されたのは、65万人のユーザーおよび2000万件のクエリーから構成されるデータのテキストファイルだった。AOLの研究用サイトでファイルが公開されたが、その後、削除されている。クエリーとは、データベース管理システムに対して問い合わせる検索条件を文字列として表したものだ。

ポスティングされたのは7月末のことで、3月から5月までの3ヵ月間の検索に関するデータが発表された。この、http://research.aol.comは研究者がインターネット上で情報を探す方法を伝えるためのAOLのウェブサイトだった…

【執筆:バンクーバー新報 西川桂子】

──
(この記事には続きがあります。続きはScan本誌をご覧ください)
http://www.ns-research.jp/cgi-bin/ct/p.cgi?m-sc_netsec
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×