レイヤ2で高速な暗号通信を実現する「SafeEnterprise Ethernet Encryptor」を発売へ(日本セーフネット) | ScanNetSecurity
2024.05.20(月)

レイヤ2で高速な暗号通信を実現する「SafeEnterprise Ethernet Encryptor」を発売へ(日本セーフネット)

日本セーフネット株式会社は8月9日、イーサネットをベースにしたネットワークにおいて、セキュアな通信を容易に実現する暗号通信装置の製品群「SafeEnterprise Ethernet Encryptor」を9月1日より販売開始すると発表した。IPSecを用いたレイヤ3での暗号化は幅広い製品およ

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
日本セーフネット株式会社は8月9日、イーサネットをベースにしたネットワークにおいて、セキュアな通信を容易に実現する暗号通信装置の製品群「SafeEnterprise Ethernet Encryptor」を9月1日より販売開始すると発表した。IPSecを用いたレイヤ3での暗号化は幅広い製品およびサービスで利用されているが、本製品群はセキュリティ対策が十分に行われていないレイヤ2でのセキュアな暗号通信を容易に実現するもの。

製品には10Mbps、ファーストイーサ(100Mbps)、ギガビットイーサ(1Gbps)の3製品がラインアップされており、イーサネットベースのネットワークで、ラインスピードでの256ビットの業界標準のAES暗号アルゴリズム処理、スループットの最大化、低レイテンシーを実現する。価格は10Mbps製品で119万8,000円から(保守費用別)。

http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0608/08/news006.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×