トレンドマイクロ、ウイルス感染被害マンスリーレポートを発表 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.04.26(木)

トレンドマイクロ、ウイルス感染被害マンスリーレポートを発表

製品・サービス・業界動向 業界動向

トレンドマイクロ株式会社は8月7日、2006年7月度7のウイルス感染被害マンスリーレポートを発表した。発表によると、7月のウイルス感染被害の総報告数は7,328件で、先月の7,602件よりわずかに減少した。全体の傾向に大きな変化はないものの、ワームによる感染被害の報告が増えてきている。感染被害件数はスパイウェア「SPYW_GATOR」が201件で引き続き1位、2位には「JAVA_BYTEVER」が136件と先月と変わらず、3位には109件でワーム「WORM_SDBOT」がランクインした。

6月に引き続き、7月も未修正のセキュリティホールへの攻撃、ゼロデイアタックが確認されている。6月の月例セキュリティ更新プログラム(修正パッチ)の公開後には、Microsoft Excel、Microsoft Wordなどでのゼロデイアタックが発生しており、修正パッチの公開が待たれていた。これで2ヶ月連続して、マイクロソフトの月例セキュリティ更新プログラムの公開後すぐにゼロデイアタックが確認される状況となっており、悪意あるユーザが月例パッチ公開後を狙っている可能性すら考えられるとしている。

トレンドマイクロ:ウイルス感染被害レポート - 2006年7月度
http://www.trendmicro.com/jp/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×