楽天出店2店舗の注文確認メールなどが流出、Winnyウイルス感染の可能性 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.17(火)

楽天出店2店舗の注文確認メールなどが流出、Winnyウイルス感染の可能性

製品・サービス・業界動向 業界動向

楽天株式会社は7月31日、楽天市場出店店舗の「ミキインテリア」および楽天フリマ出店店舗の「風林火山」において、個人情報を含む注文確認メールなどが流出したことを確認したと発表した。これは、同店舗が使用するPCがウイルスに感染し、「Winny」を通じて流出した可能性が高いとしている。

流出した情報は、ミキインテリアの顧客174名分の注文確認メール(注文者氏名、フリガナ、住所、電話番号、emailアドレス、購入商品、送付先など)、商品に関する問合せメール(顧客が問い合わせ時に入力した氏名、emailアドレス、問い合わせ内容)で、2005年5月から2005年9月の取引の一部。

風林火山では、顧客289名分の受注確認メール(注文者氏名、住所、電話番号、emailアドレス、購入商品など)、商品受注通知メール(同上)、取引に関連して店舗から注文者へ送信したメール(同上)、店舗が注文者から受信したメール(同上)となっており、双方ともクレジットカードに関する情報は含まれていないという。

楽天:「ミキインテリア」(楽天市場)および「風林火山」(楽天フリマ)の注文確認メール等463件の流出についてのお知らせ
http://www.rakuten.co.jp/com/faq/information/20060731.html

ミキインテリア:「Winny」による注文確認メール等の情報流出について
http://www.rakuten.co.jp/miki-interia/

風林火山
http://furima.rakuten.co.jp/shop_detail.php3?s_no=9194
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×