富山県高岡市、データ処理委託先の派遣社員PCから障害者の個人情報が流出 | ScanNetSecurity
2020.10.30(金)

富山県高岡市、データ処理委託先の派遣社員PCから障害者の個人情報が流出

富山県高岡市は7月26日、同市に在住している精神障害者1,495名分の個人情報がインターネット上に流出していることを確認したと発表した。流出した個人情報は氏名や障害の等級などで、同市がデータ処理を委託している会社の派遣社員がデータを自宅に持ち帰っており、自宅

製品・サービス・業界動向 業界動向
富山県高岡市は7月26日、同市に在住している精神障害者1,495名分の個人情報がインターネット上に流出していることを確認したと発表した。流出した個人情報は氏名や障害の等級などで、同市がデータ処理を委託している会社の派遣社員がデータを自宅に持ち帰っており、自宅PCのWinnyウイルス感染で同情報が流出した。また同社では、富山県の3市においても合計19名の身体障害者の個人情報を流出していることも明らかにしている。

富山県
http://www.pref.toyama.jp/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×