セキュリティ統合管理ソリューションを販売開始(日立電子サービス) | ScanNetSecurity
2020.11.01(日)

セキュリティ統合管理ソリューションを販売開始(日立電子サービス)

日立電子サービス株式会社は7月20日、日々複雑化、巧妙化するサイバー攻撃や、後を絶たない内部情報漏洩などのセキュリティインシデントの未然防止と迅速な検知で、セキュリティリスクを大幅に低減するセキュリティ統合管理ソリューション「SecureEagle/SIM」の販売を同

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
日立電子サービス株式会社は7月20日、日々複雑化、巧妙化するサイバー攻撃や、後を絶たない内部情報漏洩などのセキュリティインシデントの未然防止と迅速な検知で、セキュリティリスクを大幅に低減するセキュリティ統合管理ソリューション「SecureEagle/SIM」の販売を同日より開始すると発表した。

同ソリューションは、企業に導入されている様々なシステムのセキュリティログを相関的に分析することで、ユーザーに重大な影響を与える可能性の高いセキュリティインシデントの発生を監視・抽出し、そのインシデントの分析結果と影響度、推奨する対策案を連絡するもの。ファイアウォールや不正侵入防御システム等のセキュリティ装置、ルータやスイッチ等のネットワーク機器、サーバOS、ミドルウェアなど130種類以上の様々なデバイスをサポート。今まで別々のコンソールで管理・保存していたログを一元管理することで高度な分析を実現可能。また、同社の物理セキュリティマネジメントシステム「Webvisor」との連携により、サイバーセキュリティのログだけでは判断できない他人のユーザーIDを使用した「なりすまし」による不正アクセスや情報持ち出しなどの追跡調査が可能。

価格は、外部(公開)ネットワーク監視モデル(ファイアウォール1台、侵入検知装置1台、Webサーバ1台)で初期導入費用が50万円〜、サービス費用が23万円/月〜。内部ネットワーク監視モデル(サーバ30台、クライアント1,000台)で、初期導入費用が100万円〜、サービス費用が140万円/月〜。

http://www.hitachi-densa.co.jp/news/2052010_17605.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×