個人情報スキャナーの新バージョン「P-Pointer3.1」を発売開始(KLab セキュリティ) | ScanNetSecurity
2020.10.28(水)

個人情報スキャナーの新バージョン「P-Pointer3.1」を発売開始(KLab セキュリティ)

KLab セキュリティ株式会社は7月20日、PC内に散乱する個人情報を含むファイルを探し出すことで情報漏洩リスクを根本から低減させる、個人情報スキャナーの新バージョン「P-Pointer3.1」を発売した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
KLab セキュリティ株式会社は7月20日、PC内に散乱する個人情報を含むファイルを探し出すことで情報漏洩リスクを根本から低減させる、個人情報スキャナーの新バージョン「P-Pointer3.1」を発売した。

同製品は、企業内のクライアントPC、ファイルサーバ内をスキャンして、個人情報と疑わしき情報を持つファイルを自動的にリストアップし、その件数等をレポートするもの。これにより、社内に蓄積された個人情報を正確に把握することが可能となり、情報漏洩対策施策の検討・実施をより完全なものにすることができる。

新バージョンでは、各企業で固有の単語を登録できる「ユーザ辞書機能」を強化。登録できる辞書数が20種に、登録できる単語・数列パターン数が辞書1種につき5,000単語までに増強された。また、従来より提供している「地名」「人名」「電話番号」「メールアドレス」の4つの標準辞書に加え、新たに東証1部、2部の企業名を含む「企業名辞書」、会計用語を多く含む重要ファイルを検出するための「勘定科目辞書」の2種類が追加されている。

価格は、クライアント・サーバ監査ライセンス(1年)で575,000円(100ユーザー)。

http://www.klabsecurity.com/news/press/2006/0720-0.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×