データベース・セキュリティ・セキュリティ・アプライアンスを発売(TDセキュリティ) | ScanNetSecurity
2021.07.31(土)

データベース・セキュリティ・セキュリティ・アプライアンスを発売(TDセキュリティ)

株式会社ティーディー・セキュリティは6月28日、米Imperva社のデータベース・ファイアウォール製品「SecureSphere DSG」の販売、構築およびサポートを同日より開始したと発表した。これにより、データベースのセキュリティ・ソリューションとして、データベースの脆弱性

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社ティーディー・セキュリティは6月28日、米Imperva社のデータベース・ファイアウォール製品「SecureSphere DSG」の販売、構築およびサポートを同日より開始したと発表した。これにより、データベースのセキュリティ・ソリューションとして、データベースの脆弱性検査ツールの提供、検査サービスから、不正行為の監視・防御までをトータルでカバーする総合データベース・セキュリティ・ソリューションを専門的に提供することが可能となった。

SecureSphere DSGは、ダイナミック・プロファイリング技術と相関攻撃検証技術により、複雑化する内外からの攻撃や不正アクセスを完全自動で、しかも正確にデータベースへのアクセスをリアルタイムで監視、検知、記録、防御することを可能とした業界初のデータベース・ファイアウォール製品。また、トランスペアレント・インスペクション技術により、既存のネットワークやデータベースに変更を加えず、一切の負荷も与えることなくマルチギガビット対応、1ms以下の遅延、高可用性を実現している。対応するデータベースは、Oracle、Microsoft SQL Server、DB2、Sybase。価格は640万円(G4タイプ)〜2,560万円(G16タイプ)となる。

http://www.tdsecurity.jp/press/release2006/20060628imperva.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×