未知のプログラムに対応した新設計のネットワークセキュリティ対策ソフトを発表(インターレックス) | ScanNetSecurity
2021.08.05(木)

未知のプログラムに対応した新設計のネットワークセキュリティ対策ソフトを発表(インターレックス)

インターレックス株式会社は6月19日、従来のウイルス対策ソフト・アンチスパイウェアソフト・winny撃退ソフトにはない、新設計思想に基づいたネットワークセキュリティ対策ソフト「プロセスソナー」の一般向けβテスト版を7月21日より公開すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
インターレックス株式会社は6月19日、従来のウイルス対策ソフト・アンチスパイウェアソフト・winny撃退ソフトにはない、新設計思想に基づいたネットワークセキュリティ対策ソフト「プロセスソナー」の一般向けβテスト版を7月21日より公開すると発表した。

同製品は、ウイルス対策ソフトのような定義情報を必要とせず、ウイルスの可能性のある怪しいプログラムを発見する独自の分析機能を搭載した新タイプのセキュリティ対策ソフト。ソフトウェア実行プロセスを独自技術により常時監視し、異常発見時にはターゲットの実行を停止し被害拡大を阻止することが可能。公開は、同社運営のソフトウェアダウンロード販売サイト「highclick.jp(ハイクリック)」にて行われる。販売開始は8月15日より。対応OSはWindows 2000/XP。ダウンロード価格は2,000円。

http://www.interlexinc.com/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×