西日本プラント工業、社員の個人用PCから火力発電所点検作業手順書様式などの書類が流出 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.05.21(月)

西日本プラント工業、社員の個人用PCから火力発電所点検作業手順書様式などの書類が流出

製品・サービス・業界動向 業界動向

西日本プラント工業株式会社は6月12日、同社社員の個人用PCから火力発電所点検作業手順書様式などの書類がWinnyウイルス感染により流出していることが判明したと発表した。流出した情報は、作成途中の九州電力株式会社苅田発電所パワーセンター(大型モーター用スイッチ)の点検作業手順書様式(A4版 16枚)。なお、重要な技術情報や個人情報などの機微情報は含まれていないとしている。

これは、2006年1月に同社員が会社で個人用のUSBメモリを使用し、その際に同情報が混入した。その後自宅のPCがWinnyウイルスに感染し、情報が流出したという。同社では2006年4月の情報流出以降、徹底した対策を推進しているが、今回の流出はそれ以前に発生したものであった。

西日本プラント工業:火力発電設備に関する点検作業手順書様式の情報流出に
ついて
http://www.npc21.jp/press/press_20060612.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×