磁気テープデータ消去ソフトを発表(ユニテックス) | ScanNetSecurity
2021.08.01(日)

磁気テープデータ消去ソフトを発表(ユニテックス)

株式会社ユニテックスは6月15日、磁気テープのデータ消去ソフトウェア「TapeINIT&ERASE for Windows」を6月28日に発売すると発表した。ソフト単品のほか、同社の磁気テープ装置と組み合わせての販売も行う。ソフトの価格は40万円。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社ユニテックスは6月15日、磁気テープのデータ消去ソフトウェア「TapeINIT&ERASE for Windows」を6月28日に発売すると発表した。ソフト単品のほか、同社の磁気テープ装置と組み合わせての販売も行う。ソフトの価格は40万円。

同製品は、磁気テープの再利用または磁気テープを破棄する際に、ERASEコマンドの発行やランダムなデータを上書きすることにより、以前のデータを完全に消去できるもの。SDLT/DLT、LTO、AIT、DAT、36/18トラックCMT、オープンリールなどあらゆる磁気テープ媒体に対応する。同時に最大4本を消去可能なほか、オートローダーやチェンジャー機構をもつ磁気テープ装置もサポートするため、無人化運転などより効率的な運用が可能となる。

http://www.unitex.co.jp/pdf/tapeinit_press.pdf
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×