磁気テープデータ消去ソフトを発表(ユニテックス) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.26(月)

磁気テープデータ消去ソフトを発表(ユニテックス)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

株式会社ユニテックスは6月15日、磁気テープのデータ消去ソフトウェア「TapeINIT&ERASE for Windows」を6月28日に発売すると発表した。ソフト単品のほか、同社の磁気テープ装置と組み合わせての販売も行う。ソフトの価格は40万円。

同製品は、磁気テープの再利用または磁気テープを破棄する際に、ERASEコマンドの発行やランダムなデータを上書きすることにより、以前のデータを完全に消去できるもの。SDLT/DLT、LTO、AIT、DAT、36/18トラックCMT、オープンリールなどあらゆる磁気テープ媒体に対応する。同時に最大4本を消去可能なほか、オートローダーやチェンジャー機構をもつ磁気テープ装置もサポートするため、無人化運転などより効率的な運用が可能となる。

http://www.unitex.co.jp/pdf/tapeinit_press.pdf
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×