フォルダ内自動暗号化機能を搭載したDataClasysの新バージョンを発表(モバイル・テクニカ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.05.22(火)

フォルダ内自動暗号化機能を搭載したDataClasysの新バージョンを発表(モバイル・テクニカ)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

株式会社モバイル・テクニカは6月13日、機密情報ファイル保護・管理システム「DataClasys」にフォルダ内自動暗号化機能を追加した新バージョンを発売すると発表した。同製品は、電子ファイルを極秘や社外秘、営業機密などの機密区分で暗号化/アクセス制御するシステム。今回追加した機能により、機密区分を指定した共有サーバ上のフォルダ内の全データを自動的に暗号化できるようになった。

暗号化の際に特別な操作は不要で、機密区分を指定したフォルダにファイルをドラッグアンドドロップするだけで自動暗号化/アクセス制御が可能だ。またDataClasysの稼働環境のどのファイルサーバにも提供でき、Windows NT/2000/2003/LINUXのファイルサーバなどが混在・分散していても、統一されたポリシーでファイル単位の暗号化/アクセス制御/内部統制が行える。

http://www.mobiletechnika.jp/release/news_060613.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×