PCサポート会社から最大延べ約2万人の顧客情報が流出 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.26(月)

PCサポート会社から最大延べ約2万人の顧客情報が流出

製品・サービス・業界動向 業界動向

株式会社ケーブルビジョン21、福岡ケーブルネットワーク株式会社、株式会社ジェイコム北九州の3社は、委託会社である有限会社パソコンレスQ社を通じて最大約15,400名分の顧客情報が社外に流出したことが判明したと発表した。6月3日に事態が判明し、流出経路は現在調査中としているが、情報が2001年9月から2005年1月に限られていることから、パソコンレスQでは何者かによる意図的な流出も視野に入れ、警察に届けを出すことを検討しているという。

流出が判明した顧客情報は、
・ケーブルビジョン21 約1,900件(2004年2月〜2005年1月)
 個人情報に関わる項目:氏名、住所、電話番号
・福岡ケーブルネットワーク 約3,800件(2004年2月〜2005年1月)
 個人情報に関わる項目:氏名、住所、電話番号
・ジェイコム北九州 約9,700件(2001年9月〜2005年1月)
 個人情報に関わる項目:氏名、住所、電話番号、一部性別、一部年齢層

となっており、信用情報(クレジットカード番号や銀行の口座番号など)は含まれていないという。3社では問い合わせ専用電話を設置して対応している。

お客様情報の流出についてのお詫びとご報告
http://www.jcom.co.jp/jcom/fukuoka/newsreleases_detail.php?la=ja&code=298
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×