企業におけるサーバ利用の実態調査を発表、Linuxサーバでは約3割の企業がウイルス対策を未導入(トレンドマイクロ) | ScanNetSecurity
2021.06.22(火)

企業におけるサーバ利用の実態調査を発表、Linuxサーバでは約3割の企業がウイルス対策を未導入(トレンドマイクロ)

トレンドマイクロ株式会社は5月26日、企業のシステム管理者を対象に実施したサーバ利用に関するアンケート調査の内容を発表した。アンケートは5月17日〜18日にかけて同社が実施したもので有効回答者数は206名。

製品・サービス・業界動向 業界動向
トレンドマイクロ株式会社は5月26日、企業のシステム管理者を対象に実施したサーバ利用に関するアンケート調査の内容を発表した。アンケートは5月17日〜18日にかけて同社が実施したもので有効回答者数は206名。

発表によると、Windowsサーバへのウイルス対策は9割近い(88.4%)企業で導入されているのに対し、Linuxサーバでは約3割(31.5%)の企業が未導入であることが明らかになった。また、サーバのOSとしてWindowsを選択する理由は、1位が「運用のしやすさ」(77.9%)で、以下「導入のしやすさ」(65.2%)「管理に慣れている」(57.5%)と続く一方で、Linuxを選ぶ理由としては「コスト」(64.4%)「安定性」(53.4%)「セキュリティ」(52.1%)が上位に並んでいる。

http://www.trendmicro.com/jp/about/news/pr/archive/2006/news060526.htm
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×