高セキュリティ機能を実現する次世代OS環境の開発を実施(NISC) | ScanNetSecurity
2020.10.31(土)

高セキュリティ機能を実現する次世代OS環境の開発を実施(NISC)

NISC(内閣官房情報セキュリティセンター)は5月23日、文部科学省の発表で平成18年度科学技術振興調整費の重要課題解決型研究で、「高セキュリティ機能を実現する次世代OS環境の開発」が採択されたと発表した。これは、情報セキュリティ政策会議において策定中の「セキュ

製品・サービス・業界動向 業界動向
NISC(内閣官房情報セキュリティセンター)は5月23日、文部科学省の発表で平成18年度科学技術振興調整費の重要課題解決型研究で、「高セキュリティ機能を実現する次世代OS環境の開発」が採択されたと発表した。これは、情報セキュリティ政策会議において策定中の「セキュア・ジャパン2006(案)」の一項目に該当する技術開発で、同センターとしても積極的に推進している施策。

今回の開発により、Windowsなど既存のOS環境で提供されるセキュリティ機能に加え、OSから独立した形でセキュリティ機能を実装し、同時にOSおよびアプリケーションなどからなる現在の利用者環境を活用できる次世代のOS基板環境の確立を目指す。なお、政府機関における実運用を前提として、優秀な若手研究者による集中的研究開発方式を通し、OS開発能力を有する人材の育成を目指す。

http://www.bits.go.jp/press/pdf/securevm.pdf
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×