ユーザの声を反映したFAX誤送信対策ソリューションを発表(ハンモック) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.22(日)

ユーザの声を反映したFAX誤送信対策ソリューションを発表(ハンモック)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

株式会社ハンモックは5月24日、同社の「RightFax日本語版」をベースにセキュリティレベルにより4パターンの誤送信対策を選べる「FAX誤送信ソリューション」を発表した。本製品は、FAXの誤送信を防止するためのソリューション。レベル1「PC上で送信FAXを確認&承認」、レベル2「FAX番号から顧客マスタ自動チェック」、レベル3「既存FAX機器/複合機の誤送信対策」、レベル4「基幹システムから直接自動FAX送信」の4種類のセキュリティレベルを選ぶことができる。

本製品によって、FAXの誤送信による情報流出を防止し、同時に今後施行される日本版SOX法や内部統制を見すえた上で、FAX業務をシステム化できる。なお、同社では本製品を紹介する「FAX誤送信 セキュリティ対策セミナー」を東京(6月8日)、名古屋(6月14日)、大阪(6月15日)の3会場で開催する。

http://www.hammock.jp/company/release/027.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×