Linuxサーバ管理ソフトのメールセキュリティ機能強化版を発表、第3四半期から提供開始(クラスキャット) | ScanNetSecurity
2021.06.25(金)

Linuxサーバ管理ソフトのメールセキュリティ機能強化版を発表、第3四半期から提供開始(クラスキャット)

株式会社クラスキャットは5月22日、WebベースのLinuxサーバ管理ソフトウェア「ClassCat Cute Server Manager シリーズ」のメールセキュリティ機能を強化した新製品、「ClassCat Cute Server Manager Enterprise Edition v4.1」を2006年第3四半期から提供開始すると発表し

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社クラスキャットは5月22日、WebベースのLinuxサーバ管理ソフトウェア「ClassCat Cute Server Manager シリーズ」のメールセキュリティ機能を強化した新製品、「ClassCat Cute Server Manager Enterprise Edition v4.1」を2006年第3四半期から提供開始すると発表した。同製品は、迷惑メール対策に有効な 「送信ドメイン認証」 等の新技術に対応し、メールセキュリティ機能を大幅に強化した新バージョン。「25番ポートブロック(Outbound Port25 Blocking)」「サブミッションポート(587番ポート)と SMTP認証」 のサポートに加え、「送信ドメイン認証」、オープンソース「SPAMフィルタ」、SSL暗号化通信 (「STARTTLS」「POP over SSL」) 等の機能が新たに実装されている。対象OSはRed Hat Enterprise Linux ES 4。

http://cute.classcat.com/esc/news2006/news_20060522.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×