Linuxサーバ管理ソフトのメールセキュリティ機能強化版を発表、第3四半期から提供開始(クラスキャット) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.22(日)

Linuxサーバ管理ソフトのメールセキュリティ機能強化版を発表、第3四半期から提供開始(クラスキャット)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

株式会社クラスキャットは5月22日、WebベースのLinuxサーバ管理ソフトウェア「ClassCat Cute Server Manager シリーズ」のメールセキュリティ機能を強化した新製品、「ClassCat Cute Server Manager Enterprise Edition v4.1」を2006年第3四半期から提供開始すると発表した。同製品は、迷惑メール対策に有効な 「送信ドメイン認証」 等の新技術に対応し、メールセキュリティ機能を大幅に強化した新バージョン。「25番ポートブロック(Outbound Port25 Blocking)」「サブミッションポート(587番ポート)と SMTP認証」 のサポートに加え、「送信ドメイン認証」、オープンソース「SPAMフィルタ」、SSL暗号化通信 (「STARTTLS」「POP over SSL」) 等の機能が新たに実装されている。対象OSはRed Hat Enterprise Linux ES 4。

http://cute.classcat.com/esc/news2006/news_20060522.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×