三井住友銀行、再委託先職員の個人用PCからATMに関する情報が流出 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.24(水)

三井住友銀行、再委託先職員の個人用PCからATMに関する情報が流出

株式会社 三井住友銀行は5月12日、同行のATM設計書などの内部情報がネットワーク上に流出していることが判明したと発表した。これは、同行がATMの開発、製造を委託している日立オムロンターミナルソリューションズ株式会社の再委託先である株式会社日本システムディベロ

製品・サービス・業界動向 業界動向
株式会社 三井住友銀行は5月12日、同行のATM設計書などの内部情報がネットワーク上に流出していることが判明したと発表した。これは、同行がATMの開発、製造を委託している日立オムロンターミナルソリューションズ株式会社の再委託先である株式会社日本システムディベロップメント職員の個人用PCがWinnyウイルスに感染したことが原因。なお、顧客情報などの個人情報は含まれていないとしている。

三井住友銀行:弊行のATM設計書等の内部情報流出について
http://www.smbc.co.jp/news/j600082_01.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×