監査証跡を統合し分析するセキュリティ新製品を発表(ビーコンIT) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.20(金)

監査証跡を統合し分析するセキュリティ新製品を発表(ビーコンIT)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

株式会社ビーコン インフォメーション テクノロジーは5月9日、アクセスログ分析をスムーズに行い、漏洩経路特定を実現できるセキュリティインシデント対策製品「BeaconIT Data Assurance Suite for 監査証跡」を発表した。同製品は、企業内のあらゆるプラットフォーム、システムに点在するアクセスログ群を統合して一元的に分析できるもの。

これにより、多岐にわたるアクセス経路や分散されたアクセスログを個別に分析する必要がなくなるため、迅速なインシデント対応を実現可能だ。また、統合透過的に分析するため、関連性のあるアクセスログ同士を突き合わせることで、単体のアクセスログでは発見できなかったインシデントの兆候についても発見できる可能性を高くできる。価格は800万円から(3データベースのアクセスログを透過分析する場合)。

http://www.beacon-it.co.jp/news/pressrelease/2006/p20060509.shtml
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×