オンラインサービスの脅威に対するセキュリティ戦略とオンラインサービス向け適応認証プログラムを発表(RSAセキュリティ) | ScanNetSecurity
2021.07.25(日)

オンラインサービスの脅威に対するセキュリティ戦略とオンラインサービス向け適応認証プログラムを発表(RSAセキュリティ)

RSAセキュリティ株式会社は4月25日、消費者向けオンラインサービスにおけるセキュリティ戦略「RSA Consumer Adaptive Authentication」を発表した。同戦略は、オンラインサービス利用者に同じセキュリティ対策を一律に適用するのではなく、サービスの種類やレベルに応じ

製品・サービス・業界動向 業界動向
RSAセキュリティ株式会社は4月25日、消費者向けオンラインサービスにおけるセキュリティ戦略「RSA Consumer Adaptive Authentication」を発表した。同戦略は、オンラインサービス利用者に同じセキュリティ対策を一律に適用するのではなく、サービスの種類やレベルに応じて、異なる認証技術の選択や組み合わせにより、適切で柔軟なセキュリティ対策を支援するもの。

また同社は、提供中の「オンライン会社向け認証強化プログラム」を強化、オンラインサービス利用時のさまざまな場面に適応した認証強化が可能なプログラムを推進していく。同プログラムで提供する技術は、ワンタイムパスワード認証と新たにリスクベース認証技術が加わり、サービス利用者のプロフィールや希望サービスの種類により、最適な技術を選択することが可能となる。

http://www.rsasecurity.co.jp/news/data/200604251.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×