指紋登録率100%のUSBメモリ型認証ユニットを6月に発売(DDS) | ScanNetSecurity
2021.08.04(水)

指紋登録率100%のUSBメモリ型認証ユニットを6月に発売(DDS)

株式会社ディー・ディー・エス(DDS)は4月20日、USBメモリ型指紋認証ユニット「UBF-mini」を6月15日より出荷すると発表した。同製品は、PCのUSBポートに差し込み、Windowsや業務システムなどへのログオン時に、指紋による個人認証を可能とするコンパクトな認証ユニット

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社ディー・ディー・エス(DDS)は4月20日、USBメモリ型指紋認証ユニット「UBF-mini」を6月15日より出荷すると発表した。同製品は、PCのUSBポートに差し込み、Windowsや業務システムなどへのログオン時に、指紋による個人認証を可能とするコンパクトな認証ユニット。

認証アルゴリズムには、名古屋工業大学大学院・梅崎太造教授が考案、同社と共同開発した「周波数解析法」を採用。従来製品のように指紋の画像そのものを用いるのではなく、指紋の凹凸を波形データに変換して照合する同方式により、指紋登録率100%を実現しているのが特長。このため、万一登録データを盗まれたとしても指紋画像が流出する恐れがなく、盗難データからの指紋画像再生は原理上不可能であることから、高いセキュリティを保持できる。対応OSはWindows 2000/XP。内蔵メモリは64MB(ユーザエリア約50MB)。ライセンス価格は12,600円(1年間契約、ユーザー数1〜9)など。

http://www.dds.co.jp/news/PressRelease-060420.pdf
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×