プログラム不具合で情報流出か? | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.23(月)

プログラム不具合で情報流出か?

国際 海外情報

4月7日、ドメイン名登録サービスを行うニューヨークの企業のデータベース企業で、個人情報が漏洩していたと、DG News Serviceが伝えた。

発見したのはオランダの私立探偵事務所、ストロングウッド、そして情報が漏洩していたのはDiscountDomainRegistry.comだ。ストロングウッドが、「.eu」の付くドメイン名をDiscountDomainRegistry.comのウェブサイトで調べていたところ、データベースにアクセスできた。同事務所のニコ・バンデンドライズCEOは、6日に連絡。DiscountDomainRegistry.comは直ちに問題を修正している。

「通常、閲覧できるべきではないプログラムスクリプトなどが、閲覧可能であったために、データベースへ接続できた」とバンデンドライズCEOは説明する。このデータベースにはクレジットカード番号、ユーザー名、パスワード他の個人情報が収録されていた。また、連絡した当初、DiscountDomainRegistry.com側では、情報漏洩の事実を信じなかったという。そして、獲得した情報を提供することで、やっとストロングウッドの主張を信
用した。

【執筆:バンクーバー新報 西川桂子】

──
(この記事には続きがあります。続きはScan本誌をご覧ください)
http://www.ns-research.jp/cgi-bin/ct/p.cgi?m-sc_netsec
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×