プログラム不具合で情報流出か? | ScanNetSecurity
2021.08.01(日)

プログラム不具合で情報流出か?

4月7日、ドメイン名登録サービスを行うニューヨークの企業のデータベース企業で、個人情報が漏洩していたと、DG News Serviceが伝えた。

国際 海外情報
4月7日、ドメイン名登録サービスを行うニューヨークの企業のデータベース企業で、個人情報が漏洩していたと、DG News Serviceが伝えた。

発見したのはオランダの私立探偵事務所、ストロングウッド、そして情報が漏洩していたのはDiscountDomainRegistry.comだ。ストロングウッドが、「.eu」の付くドメイン名をDiscountDomainRegistry.comのウェブサイトで調べていたところ、データベースにアクセスできた。同事務所のニコ・バンデンドライズCEOは、6日に連絡。DiscountDomainRegistry.comは直ちに問題を修正している。

「通常、閲覧できるべきではないプログラムスクリプトなどが、閲覧可能であったために、データベースへ接続できた」とバンデンドライズCEOは説明する。このデータベースにはクレジットカード番号、ユーザー名、パスワード他の個人情報が収録されていた。また、連絡した当初、DiscountDomainRegistry.com側では、情報漏洩の事実を信じなかったという。そして、獲得した情報を提供することで、やっとストロングウッドの主張を信
用した。

【執筆:バンクーバー新報 西川桂子】

──
(この記事には続きがあります。続きはScan本誌をご覧ください)
http://www.ns-research.jp/cgi-bin/ct/p.cgi?m-sc_netsec
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×