「不正操作制御ソリューション」を提供開始(NTT東日本) | ScanNetSecurity
2020.11.24(火)

「不正操作制御ソリューション」を提供開始(NTT東日本)

東日本電信電話株式会社は4月19日、禁止ソフトの利用や不正操作のあったPCの通信を社内ネットワークから切断するSeCIO「不正操作制御ソリューション」を5月8日より提供すると発表した。同ソリューションは、全PCの共有ファイルへのアクセス・メール送信・インターネット

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
東日本電信電話株式会社は4月19日、禁止ソフトの利用や不正操作のあったPCの通信を社内ネットワークから切断するSeCIO「不正操作制御ソリューション」を5月8日より提供すると発表した。同ソリューションは、全PCの共有ファイルへのアクセス・メール送信・インターネット閲覧などの操作ログをリアルタイムにサーバで収集し、社内規定で禁止した操作のあったPCの通信をネットワークから即座に遮断するもの。

ファイル交換ソフトなどを使用禁止ソフトとして規定した場合は、ソフトの起動を検知し、該当するPCの通信をネットワークから遮断する。サーバ側で禁止ルールも一括で管理、自動的に制御できる。また「検疫ソリューション」「フォレンジックサービス」など、他のセキュリティ関連メニューと組み合わせての利用も可能だ。価格は900万円から。

http://www.ntt-east.co.jp/release/0604/060419a.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×