「ウィニー」対策フリーソフトウェアに「Share」検出機能を追加(アンラボ) | ScanNetSecurity
2021.08.02(月)

「ウィニー」対策フリーソフトウェアに「Share」検出機能を追加(アンラボ)

株式会社アンラボは4月4日、「アンラボ ウィニーワクチン/ウィニーシールド」に、ファイル交換ソフトウェア「Share」本体や「Share」専用ウイルスの検出・削除機能を追加、同日より無償提供を開始した。本ソフトは、「Winny」本体や「Winny」専用ウイルスを検出・削除

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社アンラボは4月4日、「アンラボ ウィニーワクチン/ウィニーシールド」に、ファイル交換ソフトウェア「Share」本体や「Share」専用ウイルスの検出・削除機能を追加、同日より無償提供を開始した。本ソフトは、「Winny」本体や「Winny」専用ウイルスを検出・削除するフリーのソフトウェア。単体で動作するため、同社のユーザでなくても利用できる。

同社では、Winnyなどのファイル交換ソフトで流通するウイルスを発見次第、「V3 ウイルスブロック」の定義ファイル更新で随時対応しているが、同社の製品を利用していない個人・法人向けの緊急対策として、本ソフトを無償公開している。しかし、ファイル交換ソフト「Share」のユーザ人口がWinnyからの移行などで増加しており、「Share」専用ウイルスを含む新種ウイルスの流通被害も報告されていることから、同日公開されたバージョンより「Share」本体と「Share」専用ウイルスの検出・削除機能を追加、無償提供を開始した。

http://www.ahnlab.co.jp/news/view.asp?seq=1599&pageNo=1&news_gu=01&title='「ウィニー」対策ツール、「Share」の検出にも対応'
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×