個人向け接続サービスに「送信ドメイン認証フィルタ」機能を追加(インターネットイニシアティブ) | ScanNetSecurity
2020.11.26(木)

個人向け接続サービスに「送信ドメイン認証フィルタ」機能を追加(インターネットイニシアティブ)

株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ)は3月30日、個人向けインターネット接続サービス「IIJ4U」「IIJmio」の迷惑メール対策強化の一環として、同日より「送信ドメイン認証フィルタ」機能を追加した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ)は3月30日、個人向けインターネット接続サービス「IIJ4U」「IIJmio」の迷惑メール対策強化の一環として、同日より「送信ドメイン認証フィルタ」機能を追加した。

新機能は、簡単に言うと、各ISPが採用をはじめている「送信ドメイン認証」の仕組みを受信メールにも活用したもので、ユーザーが受信するメールについて、IPアドレスベースの送信ドメイン認証技術であるSPF(Sender Policy Framework)を利用して、送信元メールアドレスの正当性をチェックし、その判定結果をメールヘッダにスコアとして記述するもの。ユーザーは、そのスコアを基にして、「通過」または「ごみ箱に入れる」等のメールフィルタ条件を設定することで、送信元アドレスを詐称した迷惑メールを受け取る前に分別することが可能になる。

対象となるのは「IIJ4U」「IIJmioセーフティメールサービス」「IIJmioプライムメールサービス」の3種類。利用するための追加料金は必要ない。

http://www.iij.ad.jp/pressrelease/2006/0330-2.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×