博品館トイパークの顧客情報9,527件が流出、社内PCのWinnyウイルス感染で | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.23(月)

博品館トイパークの顧客情報9,527件が流出、社内PCのWinnyウイルス感染で

製品・サービス・業界動向 業界動向

株式会社博品館は3月29日、博品館トイパーク イーエストイズ支店の出荷情報がネットワーク上に流出していたことが判明したと発表した。出荷情報には、9,527件の顧客情報が含まれていた。同社内で使用しているPCがWinnyウイルスに感染したことが原因としている。

顧客情報には、注文者の氏名、住所、電話番号、メールアドレス、届け先の氏名、住所、電話番号、購入商品名・数量が含まれていた。なお、流出した情報の中に、クレジットカードに関する情報は含まれていないという。同社では社用PCを業務利用目的以外で使用しないことを徹底するとともに、個人所有のPCで業務情報を扱わないよう、あらためて徹底していくとしている。

博品館:お客様情報等の流出に関するお詫びとお知らせ
http://www.hakuhinkan.co.jp/toypark/owabi.htm
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×