Winnyなどからの情報漏洩を防ぐ対策オプションを監視サービスに追加(ISS) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.24(日)

Winnyなどからの情報漏洩を防ぐ対策オプションを監視サービスに追加(ISS)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

インターネット セキュリティ システムズ株式会社(ISS)は3月29日、同社が提供している中小企業向け監視サービス「MPS for SMB」に、「情報漏えい対策オプション」を追加、4月3日より同社の監視サービスを取り扱うパートナー10社より提供を開始すると発表した。

同オプションは、日本固有の「情報漏えい対策オプションシグネチャリスト」を設定して顧客に提供するもので、WinnyやGnutella、WinMXなどのP2Pソフト関連約10種類、AOLやYahoo、MSNにおけるインスタント・メッセンジャー関連約15種類およびGatorなどのスパイウェア関連約30種類が含まれる。
企業は同リストを防御対象に含むことにより、当該イベントが同社セキュリティ監視センターで検出された場合には、メールによる自動通知および自動防御を受けることが可能となる。

http://www.isskk.co.jp/company/press_office/press06/mps_smb_032906.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×