キャリア・企業向け通信サービス「BroadLine」のインターネット接続サービスに不正アクセス対策サービスを追加(TOKAIグループ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.25(日)

キャリア・企業向け通信サービス「BroadLine」のインターネット接続サービスに不正アクセス対策サービスを追加(TOKAIグループ)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

株式会社TOKAI、株式会社ビック東海からなるTOKAIグループは、キャリア・企業向け通信サービス「BroadLine」のインターネット接続サービスに、DDoS等の不正アクセスによる攻撃の検知・対策を行うオプションサービス「セキュアオプション」を追加した。

同サービスは、同社バックボーンネットワーク上に構築した不正アクセス対策システムを使用して、顧客ネットワーク向けの不正アクセスを排除するというもの。ユーザーのネットワーク内に機器を設置し対策を実施するような従来サービスとは異なり、バックボーンでの一括運用のため、機器導入コストが不要なほか、運用コストも軽減させることが可能。

メニューは、DDoS対策のみに対応した「Light」とDDoSに加えてその他の不正侵入防御にも対応した「Entry」の2種類。
料金は、初期費用が各73,500円(税別)、月額料金がLightが63,000円(税別)、Entryが94,500円(税別)。

http://www.broadline.ne.jp/release/release060327.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×